健康食品とサプリメントの違いについて

サプリメントと健康食品という用語には、何らかの差があるのかをよくわからないという方がいます。法律上では、サプリメントや健康食品という用語の識別はされてはいません。日本ではサプリメントは食品扱いされていて、健康を補助するような目的で使用されています。体が必要としている栄養を補給するなどの用途で、健康食品は使われるというイメージがあります。サプリメントについては、特定の成分が濃縮されたカプセルや錠剤の形態をした製品と考えられています。カプセルや錠剤だけでなく、ドリンク状やゼリー状、食べ物の状態での健康食品やサプリメントがあり、形は多種多様です。特定保健用食品や、健康補助食品、特定保健用食品など、健康食品やサプリメントの他にも、色々な言い回しが存在しています。体調を整えたり、病気を予防する機能が認められた成分を含有する食品のうち、厚生労働省の認可を受けているものが特定保健用食品です。栄養補助食品は、特定の成分を補給するようなことが目的のものです。健康補助食品という言葉がありますが、この言葉の意味は、財団法人の日本健康・栄養食品協会が示す栄養の補充に使う食品というものです。このようにさまざまな呼び方がありますが、健康食品とサプリメントにはっきりとした違いはありません。食事だけでは補給しきれない栄養素を効率的に摂取するために、健康食品や、サプリメントは利用されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です