セロトニンのサプリメントを利用する時の注意点

セロトニンサプリメントを摂取して、ストレスの改善や、眠りやすくしているという人が、増加してきています。体にいいセロトニンですが、適切な使い方をしなければ、トラブルが起きることがあります。セロトニンサプリメントに限った話でありませんが、健康にいい成分だからといって際限なく摂取していると、体によくない影響をもたらします。セロトニンサプリメントを摂りすぎると、セロトニン症候群を発症する恐れがありますので、注意しなければなりません。頭が痛くなったり、くらくらしたり、嘔吐感を感じることがセロトニン症候群の主な症状です。程度が重いと、セロトニン症候群が原因で死につながることもありますので、サプリメントだからといって大量に使うことはできません。自律神経を刺激しすぎて、体温があがったり、心拍数が早くなる人もいるようです。適量がどのくらいかをサプリメントのパッケージなどで確認して、それ以上の量を飲まないようにすることで、セロトニン症候群を防ぐことができます。セロトニンサプリメントと、抗うつ剤を同時に使っていたために、セロトニン症候群になる人もいます。抗うつ剤は脳内のセロトニンに作用してうつ状態を緩和する薬なのですが、非常に人気で軽いうつでも処方されています。普段からセロトニンのサプリメントを飲んでいることに加えて、抗うつ剤の薬も飲むと、セロトニンが多くなりすぎてしまいます。もしも、サプリメントでセロトニンを摂取したいのであれば、正しい使い方で飲むようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です