サプリメントは飲み方により吸収が悪くなる

サプリメントを摂取する時に、成分の良さを生かせない飲み方がありますので要注意です。サプリメントを飲む時にお茶やジュース、コーヒーを使うのは適切な飲み方ではありません。サプリメントとジュースを一緒に飲んだ場合には、全てが悪いという訳ではありません。ジュースの種類によっては副作用などの悪い影響がある場合もあります。オレンジジュースとビタミンのサプリメントの場合、効果がアップしたという例もありますが、組み合わせによっては気をつけなければならない時もあります。グレープフルーツジュースは、高い血圧を低くする作用があるといいます。しかしグレープフルーツは腸内の薬物代謝酵素の働きを低下させることがあるため、思わぬ副作用が出ることもあります。サプリメントを飲む時は水を使うようにして、ジュースは避けてください。同様に、お茶やコーヒーを使ってサプリメントを飲むのもおすすめできません。お茶やコーヒーには、タンニンやカフェインが含まれており、サプリメントの吸収を抑えてしまいます。せっかくサプリメントを飲むわけですから、その吸収が抑制されてしまうような飲み方はよくありません。特に鉄分のサプリメントをお茶で飲むとタンニンと鉄分が結合してしまう為、吸収が悪くなります。お酒、牛乳、コーラでサプリメントを飲むという人もいるようですが、サプリメントの効果が十分に出ないことがありますので、よくない飲み方といえます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です